MENU

涙の女王のOSTサントラ一覧!挿入歌・主題歌・オープニング曲は?

※当HPのリンクには、広告が含まれています。

Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

 

韓国ドラマ「涙の女王」で流れるOST(サントラ)がいま話題になっています。

華やかなアーティストなドラマを盛り上げてくれる予定となっており、名を連ねるアーティストが韓ドラ好きにはたまらないラインナップになっています。

また、「愛の不時着」などを担当したナム・へスン監督が音楽の指揮を執るのでファンの期待も高まっています。

挿入歌・主題歌・オープニング曲にはどのアーティストの曲が流れるのでしょうか?

涙の女王のOST(サントラ)がなにか調べ、挿入歌・主題歌・オープニング曲を教えていきます♪

韓国ドラマを観るなら

韓国ドラマ100作品以上、邦画や洋画、アニメなどを合わせると約10,000作品以上見放題のPrime Videoがおすすめ!

  • Prime Videoが見放題!
  • 月額600円
  • 年間払いにすると5,300円!
  • ダウンロードでオフライン視聴OK!
  • 他のAmazonサービスもお得に利用!

\話題の韓国ドラマも見放題/

30日間無料体験あり!体験中のキャンセルOK!

目次

涙の女王のOSTサントラ一覧!主題曲

涙の女王で使用されるサントラ(OST)がいま話題になっていますね。

涙の女王のサントラ(OST)を担当する制作会社、MOSTCONTENTS(モストコンテンツ)がSNSを通じて、涙の女王の劇中歌の情報を明かしています。

どのアーティストが歌うのかたのしみですね!

OSTサントラ主題曲オープニング曲

オープニングの評判がよくSNS上で話題になっていました。

主役のペク・ヒョヌとホン・へインの幼少期がフィルムを使って表現されています。

お互いが別々の道を歩んできて成長していき、出会って離れて、また出会うという場面が演出されていました。

製作陣が「愛の不時着」を演出してきたので、もしかしたら愛の不時着と同じような構成で作られていくのではないかと考察されています。

愛の不時着では、本編のストーリーに合わせてオープニングも編集されてきたそうですよ。

涙の女王のOSTサントラ一覧!挿入歌

涙の女王で使用されたOSTをすべて紹介します。

【涙の女王】サントラ①しきりに笑うようになる/ブソクスン(BSS)

ブソクスン(BSS)は、人気ボーイズグループSEVENTEENのメンバーのスングァン、ドギョム、ホシからなる3人組のスペシャルユニットです。

3人の本名から1文字ずつとってブ・ソク・スンと名付けられました。

3月10日に音楽配信サイトからリリースされた「しきりに笑うようになる」という楽曲。

「しきりに笑うようになる」は、主役のペク・ヒョヌとホン・へインの2人の愛が再び始まる瞬間を描いた楽曲になっているそうです。

【涙の女王】サントラ②Tell Me It’s Not a Dream/10CM

すでに配信された初回でアーティスト10CMさんの楽曲が使用されました。

バラードナンバーのTell Me It’s Not a Dreamは、3月16日にオンライン音源サイトにて公開されています。

【涙の女王】サントラ③Hold Me Back/Heize

Heizeさんの楽曲もすでに配信された話で、使用されています。

日本語に訳すと”引き留めて”という意味のあるタイトルですね。

シリアスなシーンで、切ない歌声とともにこの楽曲が流れてくるのでとても染みます。

前奏から引き込まれるのでぜひドラマのシーンと共に聞いてください♪

【涙の女王】サントラ④Love You With All My Heart/CRUSH

【涙の女王】サントラ⑤From Botton of My Heart/キム・ナヨン

妊娠の知らせを聞いて喜び、そして涙へ変わったペク・ヒョヌとホン・へインの1シーンで使われた楽曲。

思い出の1シーンを振り返った際に使われました。

【涙の女王】サントラ⑥Can’t Get Over You/ポール・キム

韓国の歌手ポール・キムさんは鼓膜少年団(GOMAK BOYS)のメンバーの一人です。

日本語訳では「好きです」というタイトルの楽曲。

ペク・ヒョヌとホン・ヘインの愛が自然に、温かく染まる瞬間を連想させる曲となっています。

多数のヒットドラマのサントラを担当してきた音楽監督のナム・ヘスンと作曲家のパク・ジノがタッグを組んで完成させています。

【涙の女王】サントラ⑦promise/チェ・ユリ

韓国のシンガーソングライターであるチェ・ユリさんの楽曲も涙の女王で使用されます。

【涙の女王】サントラ⑧Fallin’/ホン・イサク

ホン・へインの元へ走るペク・ヒョヌのシーンで、へインに向けた思いが現れた一曲となっています。

名場面が多い涙の女王ですが、この楽曲が流れたシーンも名場面の1つと呼ばれています。

【涙の女王】サントラ⑨震え/dori

ドラマ内のロマンスシーンに多く使用されている曲です。

第4話で、ヒョヌが美しく装ったヘインの姿を見てときめきを感じているシーンが初登場でした。

【涙の女王】サントラ⑩More Than Enough/キム・テレ

ZERO BASE ONEというグループのメンバーのキム・テレが歌った一曲。

涙の女王のドラマ内で、ダヘに向けられたスチョルの本気の愛が表現されています。

そして、大切なものを守ろうとする内容となっています。

【涙の女王】サントラ⑪Way Home/キム・スヒョン

ドラマでは約10年ぶりにOSTに参加したというキム・スヒョン。

自身が演じたペク・ヒョヌの今まで歩いてきた人生を辿りながら、ホン・ヘインへ伝えたい言葉が詰め込まれた一曲となっています。

韓国ドラマを観るなら

韓国ドラマ100作品以上、邦画や洋画、アニメなどを合わせると約10,000作品以上見放題のPrime Videoがおすすめ!

  • Prime Videoが見放題!
  • 月額600円
  • 年間払いにすると5,300円!
  • ダウンロードでオフライン視聴OK!
  • 他のAmazonサービスもお得に利用!

\話題の韓国ドラマも見放題/

30日間無料体験あり!体験中のキャンセルOK!

まとめ

韓国ドラマ「涙の女王」の劇中歌について調べてみましたが、いかがでしたか?

サントラ(OST)が話題になっていることもビックリしました。

それだけ視聴者のみなさんの関心が高い作品なんですね(^^)

楽天

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次